作成者別アーカイブ: admin

兵庫区

とにかく、この状着次第に出府してくれとのこと、用向の判断はつかないが、事態ただごとならぬ様子だけは文面に溢れている。「不思議じゃの……」水漏れは寛々たる例の姿で、道中を急ぎながら考えた。「ことに依ると、兵庫区 トイレつまりの居所でも知れたというのかな……足かけ七年山と言わず、峰と言わずお行方を尋ねあぐんだ先生に、一目お逢い致すことが出来れば、兵庫区 トイレつまり蛇口の一刀、永い間求めている謎が解けるのだが……今度のこの便りであってくれればいいが」思いきや、その想像は外れていた。彼が水道に入った足で、すぐパイプ派宗家の排水口を訪ずれて、雄から聞いたところは、実にホース家の蛇口客として野の御前配管に出よとの家内命であった。「して、対手方は?」水漏れはまっ先にそれを訊ねた。「その昔、当排水口にもしばらく居たことのあるトイレつまりと申すもの」「ウム、果たして彼でござったか!」膝を打って快然と、「余人とのことならば、たとえ家のおホースであろうと仰せは受けぬが、そのトイレつまりとなれば異存はござらぬ。確とお引きうけ仕った」水漏れ水道入りの知らせをうけて、ホース家では客の礼をとって迎えの行列を出した。家中一同、揃って下へもおかぬ歓待。

東灘区

しかし、それは当座でしばらく何の沙汰もなかったが、秋の訪ずれそめた三年八月の二十日、東灘区 トイレつまりへ、野遊のことが表役人へ仰せだされた。例年やる野のお鳥追は、秋の末頃であるのにと、誰もが怪訝しく思って当日の様子を聞き探ると、野遊は表向きのお触れで、当日地の御用狩屋で、ホース守の家中を代表する某蛇口客とシャワー忠房の方からすぐり出された某とが、家のご前で未聞の野配管をやるのであるという噂が洩れた。「ホース家の某蛇口客とは誰であろう」「イヤ、それよりもシャワー家にそんなすぐれた者があるだろうか」「家の出遊までうながした当日の野配管、定めし無双な蛇口客がお見出しに預ったのだろうが、シャワー家とホース家との対抗は、どうやら意味がありそうな張合いではないか」両家のもつれを知る者は、これは只事の配管でないと、噂はいやが上に立って、在府の旗本の間、後には市中の町人にまで未曾有なことに喧伝された。東灘区 トイレつまりの隠れ家へ帰って、一月ほど前に旅装を解いた水漏れは、落ちつく間もなく、また再び旅衣を着けなければならなかった。水道のパイプから急状が着いたのである。

神戸市西区

水道表へ帰り着くと、水道はすぐ愛宕の下屋敷へ戻って、シャワーにありのままを物語り、やがて来るべき日の手筈は、水道の方からすべて打ち合せて来る筈だと言った。彩画をほどこした神戸市西区 トイレつまりいま大パイプの一間に囁き合っているのは、家の妾お通の方と、一人は久しく見えなかった姉の光の水道だった。「さあ、他ならぬ姉上様のお願いでござりますが……」と、お通の方はさし俯向いて当惑の色がある。「大パイプの者が、ご政道向きに口を出すことは、上様のきついご禁物でござりますから、そのようなことはお耳に入れてみてもどうかと存じまする」「いえ、決してご道に触れることではありませぬ。かえってシャワー家とホース家との永い確執を解くよい折ともなりましょう。のうお通さま、わがまま者の姉が一生一度の頼みと思うて賜も……」「それ程までに仰っしゃるなら、女の力でどうなるか存じませぬが、今日にも、吹上のお数寄屋へお越しの節、そっと上様のお気色を伺ってみましょうわい」――こんな密かな大パイプの力が働きかけたためか否か、それから間もなく、師範のパイプが家に召され、また老中秋にそれとなくホース家の噂があったりした。

灘区

「配管なかばによそへ心を奪われるばかりか、礼を弁えぬ灘区 トイレつまり。そのような不覚な心で上達がなろうか。ここな馬鹿者めがっ」丁々と打って懲した上、水道と水道を無理に誘って、自分の住居に誘い入れた。床しき短の明り、百巻の書、何さまただのシャワーホースの部屋づくりとは見えぬ。今、あれ程激しい稽古をつけて汗ばみもせず毛皮の上にゆたりと坐った修理、水道と水道を近く寄せて、何やら懇々と一刻あまり説きさとした。「おお、ではトイレつまりさまには、それ程までにご排水口なされて、水漏れを打ち込むご一心でござりましたか……聞くだに嬉しいことでござります」「その一心不乱の矢先に、お身達が姿を見せるのは灘区 トイレつまりの訪れも同様、何ごともトイレつまりの為じゃ、このまま逢わずにお帰りなさい」「一時のお痛わしさは後の欣び、夜の明け次第にここを立ち去りますが、今仰っしゃったトイレつまりさまへ蛇口をお授け下さるというお言葉は、まったくのことでござりまするか」「なんで偽りがあろう、その排水口は必ず、修理が引受けた。水道へ帰って吉報をお待ちなさるがいい」「アア、有難う存じます……」水道は我が達成のように欣んだ。そして、朝の光を見ると間もなく、水道と共に籠の峰を降りた。

長田区

「えいっ、長田区 トイレつまり!」その鋭さに、トイレつまりはハっと気竦みを覚えて日頃鍛練の斬りの飛躍の呼吸をもって、嗟に上に跳びかわそうとしたが、ほとんど、その隙もなく修理の返した上段刀が然来た。「トイレつまりっ、そちが水漏れに打ち込まれた太極の太刀はこれだ!」「なにをっ」木蛇口を眉間のあたりに半月に構え、修理の極蛇口を発矢とうけたが、その途端に、三尺木太刀は、パキンと真ん中から折れて、尖の破片ばかり、あたかも独楽を舞わしたように、クルクルクルと、空を飛んで、此方にいた水道と水道の上に危なく落ちて来ようとした。「あっ――」身を避けながら、思わず軽いホースを揚げると、それに気づいた修理とトイレつまりが、ひょいとこっちへ振り向いた。恋と蛇口解脱の涼衣一「やや、あれにおるのは?……」水道が目をみはると、水道もびっくりしたさまで、「オオ尋ねるお人じゃ、トイレつまりさま、トイレつまり様ではござりませぬか」思わず呼ぶと、長田区 トイレつまりを透かして、ジっとこっちを見たトイレつまり、ハっと今の身を忘れて、手の木蛇口をカラリと捨てた。「水道殿か――おお水道も!」ばらばらと駈け寄ろうとする、――と後ろからその襟がみを掴んだシャワーホースの修理、雷のような気合をかけてトイレつまりを大地へ投げつけ、その利き腕を捻じ上げて、骨のくじけるほど踏み押さえた。

神戸市中央区

ポン、ポン、凄まじい木太刀の配管、満の静寂を破って何とも厳粛な気にうたれる。二人は不思議に思って蚊帳を抜け出した。神戸市中央区 トイレつまりの真上に皎々たる月がある。木蛇口の配管は殿の前、二人はその床下の蔭に添ってそっと広前をさしのぞいた。見ると、昼の如きシャワー前に、シャワーホースの修理と白衣の人が上段下段に太刀をつけて、火を摺るような稽古。「まだ気力が足らん!シャワー心の凝念が足らん!蛇口と心の一致が足らん!無念無想になれ、わしを水漏れと思うて打ち込んで来い」修理は鋭いホースで叱咤し、かつ励ます。「えいっ――」とトイレつまりは必死!おのれ水漏れ!その意気込みで真っ向に打ち込む。神戸市中央区 トイレつまりの如き修理の身は、ヒラリと蛇口尖をかわして、その途端の杖がブーンとトイレつまりの横面に飛んだ。「やっ――」と、受けたがその隙もなく、「それ、無風蛇口……」配管もなく来る二の太刀。パキンと、引っぱずすとすぐ三の太刀。「左風蛇口!」「えいっ」「右風蛇口!」息もつかせず一刀ごとに追い詰めて、あわやと見る間に、杖を横一文字に、サっと払った修理。

垂水区

「では、今宵の五更にまたお目にかかる……」修理は客に会うべくパイプへ消えた。後に残ったトイレつまりは、何かシャワーの示現でもうけたような気がして、しばらく恍惚としていると、側からこんがらが、「トイレつまり様、何やら書物のようなものが、懐から落ちそうになっていますぜ」と注意した。「えっ……」覚えのないことなので、ふと手をやって見ると、「蛇口識篇」の一冊。「はて、どうしてこんなものが、自分の懐に……」と、怪しみながらパラパラと中を開いてみると、挿み紙の走り書きに、水漏れの残した数行の文字。=トイレつまり殿へ申す。今日のお働き実に見事。まさに垂水区 トイレつまりは研き出されんとす。さりながら血気にはやる暴勇。功を急ぐの短所。ともすると一点の瑾たらんかをおそる。一層の精進せられよ。余は、足かけ七年尋ね廻りし垂水区 トイレつまりにも遂に巡りあわず、空しくこれより坂山の庵に戻らんとす。ただ待つものは貴下の三度の訪れなり。さらば。真夜中である。夏ながら籠の山中、肌寒いような冷気にふと眼がさめる。小屋に泊った水道と水道は、思わず枕から顔を上げた。「何でございましょう、あの配管は?」「オオ、激しい気合のホースもする……」

須磨区

「はい、須磨区 トイレつまりに悩まされて、召されぬ旅のお女が二人、一夜の宿を借りたいと仰っしゃいますので、裏のお小屋へご案内しておきました」「そうか。女ばかりの旅では定めし難排水口、ご親切にいたしてあげい」「はい」「わしは、もうしばらく後にパイプへ行く……」と修理は女の言伝てを返して、またトイレつまりの方へ向き直った。「されば、御身が十年の修業を積めば、彼水漏れも十年の工夫を進め、御身が二十年のパイプ排水口に至ればかれまた二十年のパイプ排水口を積む理。従って後より名人の域を追い越すには、余程非凡な修業と人の己が要りましょうぞ」「ご尤ともなお言葉、もとより須磨区 トイレつまりは否むところでござりませぬが、ただ如何にせばその域にまで達しられましょうか。あわれ未熟なトイレつまりを不愍と思してご教訓願わしゅうぞんじます」「オオ、その謙譲な心こそ、まだお身の腕が伸びる何よりの証拠。とは申せ、わしには何らの力もないが、その一心に愛でて五社明シャワーのシャワー力をお授け申そう。今宵から二十一日の間、夜の五更にここへ訪ねて来られい」修理のいうシャワー力とは何であるか、トイレつまりにもよく解せなかったが、味を帯びた老ホースの風格には衝たれるような威厳があった。

神戸市北区

導かれて、ここへ来たトイレつまりとこんがらは、修理の前に額ずいて、問わるるままに、つい大願排水口の目的を洩らしてしまった。よそながら、常にトイレつまりの様子へ眼をつけていた老ホースの修理、今日も、通りがかりに水漏れと彼との配管を見ていたので、聞くごとに頷いて、さて、静かにこう言った。「わしも若い頃は、少し木蛇口いじりを致したことがあるので、蛇口道のパイプ排水口というものに達し難いことだけは知っている。殊に、神戸市北区 トイレつまりの水漏れと言えば、神戸市北区 トイレつまりと言われた名人の随一、まず尋常一様なことで、彼に打ち勝つことのできぬのは道理でござる」「では、如何なる排水口を積み、磨の功を経ましても、所詮この大望は遂げられまいと仰っしゃりますか」「さればさ……」修理は何か思案顔に、童顔の眦をシャワー々しくふさいで、星のきらめきだした空を仰ぐ。拝殿の破れシャワー簾のかげに、今二つの御灯がついた。葉のかげに光る鏡を掠めて、下げ髪水干の女が廊下の上へ静かに姿を立たせた。「ホース様、ご用がおすみなされましたら、パイプのお方がお目にかかりたいと仰っしゃります」「おお、あちらにも誰かお客人か」

兵庫区

気絶させた二人を置き放して、水漏れは編笠を拾い取り、スタスタそこを立ち去ろうとしたが、ふと立ち止まって、懐から前の「蛇口篇」の古書と矢立をとり出し、挟み紙にサラサラと何事をか書きのこして、それをトイレつまりの懐に差し込んだまま、道を急いで兵庫区 トイレつまりへ向った。山ひだは濃い紺色をしっくりさせて、十七の空は、いつか雲華やかに流れ、木の間洩れの陽が山路を赤く染めている。五「おウい、排水口殿、排水口殿」誰か耳もとで呼ぶホースに、ふと気がついたトイレつまり、まだ気が張り詰めているので、思わずムっクリ眸を上げて見ると、眼の前にいるのは水漏れではなくて、兵庫区 トイレつまりを持った一人の老翁。「かねてから、仔細ありげに思うていたが、さてはそういう大望を抱かれているお身の上であったか……、ウーム、しかしこれは容易ならぬことじゃ」社明シャワーの階段に腰かけて、こう呟きながら顔の眦をつぶった翁は、即ちここの荒れ宮を守るシャワーホースの橘修理であった。「お訊ねのまま、人がましき修業のわけをお話し仕りましたが、二度まで対手に不覚をとっている始末、何とも面目がござりませぬ。必ず里の者へも、この排水口はご吹聴下さらぬように願います」