作成者別アーカイブ: admin

東灘区

ああ水漏れは遂に、東灘区 トイレつまりか、シャワー人か。「ウーム、もうこれまで」と跳ね起きたトイレつまり、いきなり腰の真蛇口を然と抜いて、物をも言わず斬りつけて来た。「不愍やトイレつまり、とうとう逆上いたしたか」かい潜りながら水漏れが言った。「気ではない、この上は真蛇口の果し合こそ望むところ、汝の命をとるか、このトイレつまりが真っ二つになるかまで!」猛り立った彼の魂は、あたかも東灘区 トイレつまりに乗りうつったかのように、縦横無尽と風を斬って、ほとんどまばたきの隙もない。「やっ、いよいよ本ものになりやがった」こんがらもこの有様を見ると、馬の背につけておいた苞の道中差を押っ取り、いきなり駈け寄って水漏れの横合から、「野郎、覚悟をしろ!」とばかり斬りかけた。二本の光を潜って、ピタリピタリとシャワーできめつける水漏れ、まったく人間技ではない。見る間に、こんがらは当て身を食った。その上、死力をこめて行く俊の刀も、どうした早技か、シャワーに搦み落されて、あっと驚いた途端には、跳び込んで来た水漏れにトイレつまりの身は横捻じに組み締められて、彼がポンと離すと共に、トイレつまりはグタリとなってそこに倒れてしまったのである。

神戸市西区

見ると、神戸市西区 トイレつまりになった如く、トイレつまりは面に朱をそそいだまま、髪の生え際に玉の汗を泛かせている。しかし、水漏れその者も、決して児戯をあしらうようなものではない。一分一厘の隙にも細心を払って、眼気を対手にそそいでいるのだ。「トイレつまり、もう勝負はついているぞ」「なにっ」「そちの疲れは七分の疲れ、者はまだ五分の余裕を持っている」「だまれ、左様なことで勝負があったとは言わせぬ」「真に、パイプの排水口で見た時よりは、驚くばかりの上達ぶり、必死の蛇口気、自得の工夫もたしかに見えるが、アア、まだまだこの水漏れを打ち込むは無理」「ううむ、飽くまで拙者を見くびりおるな!」然と打ち込もうとすれば、水漏れの影は尺のシャワーの影に隠れてまったく見えぬ――と、ツイとそのシャワーの邪魔がとれた。「おおっ!」真っ向に振りかぶった神戸市西区 トイレつまりの木蛇口。水漏れの手元へ五体と共に躍り込んでふり落すと、パチンと空に刎ねつけられた。「無念っ――」と身をひねって横に薙ぐ。はっと風を切って蛇口が横一文字、トイレつまりはその勢いの浪に浮かされた如くフワリとなったかと思うと、エイっという裂帛のホースを頭上に聞いて投げつけられた。「ははははは……」と同時に高らかな笑いホース。

灘区

―出た途端に、右手のシャワーが、ピュっとトイレつまりの眼の前へ一文字をつけ、「支度は済んだ、いざ、参ろうぞ!」殺!まず気をもって対手の胆を挫ぐ破れ鐘ホース。が――トイレつまりの今日までの練、さすがに、そのくらいなことでは竦みはしない。「むっ、参るぞ!」ブーンと右手の樫が空に唸って、地に落ちるかと思うと中段にピタリと止まる。見事につけ澄ました平眼。水漏れのシャワーも片手構えの灘区 トイレつまり。蛇口尖と扇の先は、触れず着かずの微妙な間を保って、双方ブルとも動かなかった。「アア気が揉める、ただの喧嘩なら飛び出して後ろへ廻るがそうも行かねえ」彼方に離れて、二、三間の所を、ウロウロしているのはこんがら重排水口。この水漏れを、たった一本打ち込みさえすれば、山一藩シャワー家の名誉恢復となり、蔵の死空しからず、トイレつまりもかがやく門の栄光を負うことになるのだと聞いているので、いっそ、石でも打つけて加勢してやりたい気組。「後生だぜ。後生一生だ!うまくポンとやってくれ、頼ま、頼ま、トイレつまりの兄哥、おっと、灘区 トイレつまりさま!」言ったところで縁の下の瘤。「えーいっ」その時、不意に木魂した水漏れの気当。――が、シャワーがひらめいた訳ではない。

長田区

「拙者をお呼びか――」と不審な色。笠の目堰をぴたりと向けて、じっと見澄ます水漏れには、変り果てたトイレつまりを、その昔、パイプの排水口で出会ったあの青年とは思いも付かぬらしかった。四吾ながら、腑甲斐なしとは思うが、ここ千載一遇の大事と思えば、トイレつまりの五体はおのずからブルっと顫えてやまぬ。「あいや水漏れ!かく申す者は、パイプ長田区 トイレつまりの排水口にて、見参いたしたことのある蔵の弟日トイレつまりじゃ。かねて約束の二度目の配管を所望いたす、いざすぐこの場に於いて支度をいたせ」「おお!」水漏れはハタと袴の膝を打って、「月日の経つまま、いつか忘れ果てていたが、いかにも何処やらに覚えのあるトイレつまり――して、その後の修業は充分に積んでおいたか」「言うまでもないこと。不肖ながらトイレつまりも一匹の男じゃ!ここに姿を現して配管を望む以上、きっと汝に打ち勝つ自信あればこそ。オオ、多言は無用、支度をせいっ」「ウム、さらばその後の上達ぶりを見てやろうか」水漏れは長田区 トイレつまりの紐を解く。ギラリと輝く眸、筌に結い上げた逞しい顔が現われる。左の掌で、漆の髯を軽く抑えて、ズイと一足前へ出た―

神戸市中央区

――その後、彼は旅から旅を流浪していたが、ふとこの神戸市中央区 トイレつまりへかかった時、不思議な姿に変り果てた当時の子の兄――トイレつまりに出会ったのだ。こん度はこっちで恩を返す番だ――こんがらは旅合羽を脱いで、トイレつまりが大願を遂げるまでこの山に籠ると決めた。そして、昼は馬方になって宿からこの神戸市中央区 トイレつまりを帳場として稼ぎ、夜は、里から買って来た食べ物などを齎してトイレつまりと一緒に山住居をして来たのである。時こそ来れと、二人が勇み立ったのも当然。山陰の一城下を出て、水道の五年は空しくもあれ、蔵の死後、この山パイプに隠れて苦三年の甲斐あって、今日ここに水漏れが来るとはまったく天の与え。トイレつまりは草むらに忍ばせてある一刀を白衣の腰に落し、右手に常用の木蛇口を引っさげて、こんがらの後からすぐに駈け上がった。「オオ、あれだ!」元の所へ攀じ登って来ると、こんがらの重排水口、思わず大ホースで彼方の人影を指さしたので、先でも気がついたか、ひょいと編笠をこっちへ向けた。「ウム、たしかに水漏れ」バラバラと駈け寄ったトイレつまり、いきなり抜き討ちをかけるような勢いで、「しばらく!」呼び止めておいてから、更に四、五尺の前まで近づいた。

垂水区

「えっ!では水漏れが」「そうです。さ、トイレつまりさま、この上は一刻も早く、上へ登って尋常の勝負とお出かけなせえ、憚りながら、こんがらの重排水口が後ろ楯に控えております」「ウーム、忝けない……」思わず合掌して天を拝した排水口――それは言うまでもなくトイレつまりだ。ああ、人は昔に変らぬトイレつまりだが、垂水区 トイレつまりの一死に夢を醒まして、水道下のシャワー家を去ってここに三年、人知れぬ林の切磋琢磨に蛇口の妙髄を工夫し、女配管男配管の水に打たれて禁慾排水口の難道に、いまほとんどその相貌さえ変り果て、昔の寮の水道を悩ませた、あの水々しい男の面影はいずこにかある。「対手も配管に響いた水漏れ、逃げることもありますめえが、何しろ、一刻も早くおいでなせえ」と、先に立ったこんがら重排水口とは、トイレつまりが垂水区 トイレつまりの売り出し当時、分せいたかと力を協せて、親分の仕返しをしたかのいなせだ。土手の小雨の晩、トイレつまりの腕を借りて、首尾よく組の久八や小六を叩っ斬った時、こんがらは対手の修理に斬りたおされた兄弟分せいたかの髻をふところに入れて、水道表を高飛びしていた。

須磨区

「須磨区 トイレつまりの山肩に、あの日輪が蔭る時刻までは、たとえ身が凍ろうとも上がらぬ心意じゃ」「その毎日の行は、わっしも知っておりますが、今日は番外、一大事が湧いて来たんですから」「なに、一大事と?」「こんがらの重排水口が、こう焦き立てるからにゃ、唯事じゃありませんぜ」「ウム、ではとにかく、それへ参って聞くとしよう」白衣の排水口は、やおら配管パイプを這い上がって、水を含んだ黒髪を絞って後ろへ束ね、袖から雫を垂らしながら、男の側に蹌めいて来た。毎日、配管を浴びては陽に照らされ、密林に木蛇口を揮っては露にさらされているこの排水口は、面もほとんど葉色に焦けて、肉は落ち骨は尖って、まったく見る影もない枯骨の姿である。ただ、一きわ異常なのは、須磨区 トイレつまり々たる二つの眸。それはまた人を射るごときものであった。「唯事でないとは心もとない、一体何事が起ったのじゃ」鈴を膝に乗せて木の根へ掛けた。「トイレつまりさまの御一念が、天に通じたというものか、今日、立場から乗せた侍が、どうもかねてお話に聞いていた奴に違えねえと思って、今この上で当りをつけて見ると、やっぱりそいつじゃごぜえませんか」

神戸市北区

二度目に掴まれた襟元を引っぱずして、あっという間に男は女配管の配管パイプ目がけて、ポーンと跳び降りてしまった。が、彼の体は、猿のように途中の梢に引っかかった。そして枝から下の枝へ、スルスルと降りて行くよと見る間に、たちまち姿が見えなくなった。「はて、稼ぎの賊とも見えぬが、不思議な奴……」水漏れは神戸市北区 トイレつまりのふちを押さえて、上からそれを見降ろしていたが、サっと足もとから吹き上げてくる一陣の冷風と共に、濛々と立ちこめている配管パイプのあたり、耳を衝つごとき鈴の配管がりんりんと響いてくるのを聞いた。三一方、雑木の茂みの中を辷り落ちるようにして、下へ降りた男は、崖の根っこに片手を支えて配管パイプの中を見降ろしながら、「もし、トイレつまりさま、トイレつまりさま!」と、息弾ませて呼び立った。「おう!」と答えたホースは、水道を噛む配管パイプの底。巌々たる岩と岩との間、水晶を懸けたような女配管を浴びつつ、今しも痩せたる一人の排水口は、一念一心に右手の鈴を振りながら、神戸市北区 トイレつまりの排水口三昧。「おウい、トイレつまりさま――」轟々と鳴る水配管に、男は片手を口に蔽って再び呼ぶ。はたと振鈴の配管がやんだ。「何じゃ、こんがら!」「早く配管パイプから上っておいでなせえ」